伊豆急下田駅の多国籍居酒屋『楽海』の店主にインタビュー|ウェブメディア【博士.comチャンネル】

(PR)クラウド動画作成ツール「メディア博士」は3STEPで作り放題!あらゆるビジネス動画を簡単に!
ひとつ前のページへ戻る

伊豆急下田駅の多国籍居酒屋『楽海』の店主にインタビュー

2019年10月上旬の伊豆・下田は天気も良く、海には多くのサーファーが波と自然を感じ楽しんでいた。

プロサーファー鈴木直人さんの取材を終え、本日の夕飯は下田駅近くの商業施設『NanZ VILLAGE』内にある多国籍居酒屋 楽海 -RAU-へ行ってきた。

店主は地元のサーファー。下田のことならなんでも知っている


カウンターから見える戸棚には各国の調味料が並べられている
地元ローカルサーファーの重鎮だという楽海の店主山ちゃんに
最高の料理を用意してもらい、美味しくいただきながら沢山の話をした。

『“楽海に行けばなんか楽しいことがあるよ”“みんないてワイワイやってるよ”と言ってもらえる場所にしたい』とやまちゃんがいうように、サーフィンやる人もやらない人も集まれるお店が楽海であり、地元サーファーから観光客まで沢山の人が訪れる。

店主やまちゃんは下田の出身地元のことなら歴史から街の特色までなんでも知っている。

下田が一年で一番盛り上がるのが毎年8月14日と15日に開催される『下田太鼓祭り』だ。

祭りでは開催前の練習期間から笛や太古の音がひびき街の盛り上がりがわかるそうだ。
東京から車で3時間と少し約200km距離の下田には歴史があり、文化があり、楽しい人たちがいる。

代り映えのしない東京の日常に退屈を感じているなら是非、日本のハワイである下田に足を運んでほしい。
そこでゆっくりとした時期を過ごしながら経験する出会いと体験は充実した日を演出してくれるだろう。

そんなことを思いながら宿へと戻り、また来ようと思ったのだった。


【基本情報】
多国籍居酒屋 楽海 RAU
電話:090-7605-5562
住所:下田市一丁目6-18NanZ VILLAGE内
instagram Facebook 食べログ
 
New article
All Tags
c Hakase.com