クライアントビジネス(WEBコンサルティング・ホームページ企画制作運営)におけて大事にしていること!|ウェブメディア【博士.comチャンネル】

(PR)クラウド動画作成ツール「メディア博士」は3STEPで作り放題!あらゆるビジネス動画を簡単に!
ひとつ前のページへ戻る

クライアントビジネス(WEBコンサルティング・ホームページ企画制作運営)におけて大事にしていること!

現在弊社では不動産ホームページシステムを提供しています。
システム提供というと、よくあるSaasのようにアカウント発行してあとはご自由に!って感じで利用会社任せ的なイメージがありますが、弊社はホームページを納品したあとのWEBコンサルティングをメインにしているため、むしろ納品後からがメイン業務と考えています。
 

「この人に任せると楽チン!」と思ってもらえるコンサルティングを

さてWEBコンサルティングをしていく中で大事なことは多数あるのですが、今回は

「こいつに任せると楽だな~っと思ってもらうことの重要性」

について書きたいと思います。

まず初めにみなさんであればどんな人にホームページ制作・運用コンサルを任せたいですか?

言っちゃうとこれが答えになるのですが、私だったら下記をやってくれる(汲んでくれる)会社に依頼します。
 

・話をすれば一発で理解してくれる
・まとまりのない発言でも、理解し具現化してくれる
・当社のことを理解して提案してくれる
・ある程度方向性を話しておけば勝手にやってくれる(進めてくれる)
・Win-winの関係を考えている
・忘れそうなこと、後回しになってしまいそうなことを指摘してくれる
・でしゃばりすぎず、気持ちを汲んでアドバイスをくれる
・元気な明るい担当者 ← これけっこう重要!

 

そうです。これがこいつに任せると楽だな~って思ってもえらえるポイントです。
でははなぜこれが重要なのか?
 

指針を決めるのはあくまでクライアント

WEBコンサルティングっていうと「すべてをやってくれる」「丸投げをすればいい」ってイメージを持たれている方が結構多いのですが、それは間違いです。
あくまで利用会社で「こうしてきたい」という指針の元に、ではこういう方法がありますと提案していくのがコンサルティングです。もちろん方向性を決めていくために材料を出したり、相談に乗ったりはありますが、最終的に指針を決めるのはクライアントさんです。

これ前提ではありますが、その指針に対して

自分の思い通りに動いてくれる・アドバイスをくれる会社(担当者)がいると、めっちゃ進行が速いんです。

逆にアイデアをどんどん出して新規に実行していこうと思っているのに担当者に思いが伝わらず進まないのってとてもストレスなんです。

これは以前書いた「レッドオーシャン化した業界「ホームページ制作会社」は今後生き残れるのか?生きるためには?」の中の価値の創出の1個だとも考えています。

ということで、もしホームページやWEBコンサルティングに限らず、クライアントビジネスをしている人はこいつに任せると楽だな~って思ってもらえるためにはどんなことをしたほうがいいかな?っと一度考えてみてはいかがでしょうか!
New article
All Tags
c Hakase.com