求人広告のキャッチコピーで気をひかれ、悩み・迷いながらの転職には要注意|ウェブメディア【博士.comチャンネル】

(PR)クラウド動画作成ツール「メディア博士」は3STEPで作り放題!あらゆるビジネス動画を簡単に!
ひとつ前のページへ戻る

求人広告のキャッチコピーで気をひかれ、悩み・迷いながらの転職には要注意

みなさん、WEBページ・テレビ・SNS・新聞・電車・Youtubeなどでこのようなキャッチを見たことはありますか?
 

あなたの本当の年収を知っていますか?
高収入を目指せる!
年収600万以上が見込める未経験OKの仕事
安定収入とスキルアップを考えませんか?
未経験からの転職でも年収を上げて高収入は実現できる
年収を2倍にする最短方法
即戦力のあなたをスカウト!


恐らく見たことがないという人はいないでしょう。近年このようなキャッチで転職サイトへ誘導する広告が倍増しています。
 

「転職する理由」を自分でしっかり考えることが重要

それに伴って、
 

「今よりもっと待遇のいい会社があるんじゃないか?」
「私は適切な評価がされていない!」
「もっとスキルアップできる環境に行きたい!」


と考えている人も増えています。

いえ、今「考えている」と書きましたが、
正確には「考えさせられている」です。
上記のような甘い誘いの言葉に煽られて頭に刷り込まれてしまっているんです。

実際には自分の考えを持って転職しようと考えられている人はかなり少数なのではないでしょうか。

私は年間を通して多数の面接をしていますが、「なぜ今の会社から転職したいの?」という問いに対して、明確なしっかりとした考えをもって回答できる方はかなり少数です。そんな方には思わず「転職すること自体をもう一度考えたほうがいいのでは?」と言ってしまうこともあります^^;「それでいいの?」と思われるかもしれませんが、仮にそれを言わずに入社してもらってもお互いのために良い結果にならない可能性がありますので。

しかし、人材が足りていない企業はそんなことは関係なくバンバン採用をしているようですが、そのように採用した人は得てして渡り鳥のように転職を繰り返すのです。この状況はある意味で転職サイトの思う壺となっていると感じます。思う壺と言いますのも要は転職を繰り返す度に転職サイトは儲かる構造なのです。ただだからと言って転職サイトを利用しない訳にもなかなかいかないのですが・・・
 

「以前の会社のほうよかった」なんてことにならないように

話が少し逸れましたが、煽られて転職してみたら
「以前の会社のほうよかった」「年収が下がって待遇も悪くなった」「職場の人と合わない」なんてことはざらに起きています。
入ってみたら全然イメージが違ったなども大いにあります。

そうならないためにも上記の煽り文句に流されての転職には重々注意をしてください。そんな甘い世の中ではありませんので・・・。

転職するなら納得する転職を!
New article
All Tags
c Hakase.com